恐るべき技術

朝のニュースで気になったモノがありました。

携帯端末の充電がワイヤレスでできるというニュースです。

特殊な設備を施した室内に入れば充電器に接続(もしくはセット)しなくとも自然と充電される。という仕組みのようです。

通信手段である無線は読んで字ののごとく「ワイヤレス」であるのは皆さんご存知のとおり、充電がワイヤレスで!、未知なる時代に突入したといっても良いかもしれません。
(※電気料金はどうなるのかは触れられていません。)

端末という小容量だからできる事かもしれませんが、のちの世になれば大容量の充電も可能となるのでしょう。

しかし、便利さの追及の裏には、24時間部屋に閉じこもり携帯端末に没頭する方々がますます増えるような気がします。


 

2019年6月17日 (月)

やっぱり関心は高い。

6月15日は「栃木県民の日」、いろんな催し物が開催されました。
ただ天気は味方してくれず、朝から雨模様、お昼を過ぎるころには風も強くなってきたため、実行委員会判断で予定の終了時間を早め終了となりました。

私も、県の国際課と連携して「北方領土返還要求運動県民会議」の啓発活動に参加、返還要求への賛同署名、そして北方領土問題についてのアンケートを来場していただいた方々にお願いをし、ご理解と支援について訴えを行ったところです。
雨にもかかわらず、多くの方々に協力をいただきました。

特に多くの方々が話されましたが、某衆議院議員の発言と言動について「許しがたい、即刻辞任・辞職すべき。やめさせられないのはおかしい!」という怒りの数々。

予測はしていましたが、事が事だけに皆さんの関心が高いことが証明されたといえます。


国会議員としての資質なき人に、報酬(税金)を支払続けること、納得いきませんね。

2019年6月13日 (木)

異例ですが がんばれ!

栃木県議会、今日から新しい顔ぶれで6月議会(質疑)が行われます。
連合栃木が推薦し、見事当選した新人議員が会派代表して一般質問にたちます。
(異例の事です。)
まずはお手並み拝見というところでしょうか?

がんばれ!!

2019年6月12日 (水)

ここにきてなんとなく。

だんだんと参議院選挙の姿が見え出しました。
7月21日投開票の日程の公算が高まっています。
ここにきて、政府与党側にはいくつかの問題を抱えることになり、野党側の追及は避けられない状況に見えます。

これらが参議院選挙、野党にとって起死回生の切り札となるのか?与党側はどう火消しにまわるのか?注目されます。

老後の蓄え2000万必要とのこと。
金額がどうこう言われてますが、審議会の報告を聞かない大臣も問題です。
所管する大臣が諮問した審議会の中で議論され結論がだされ大臣に対して報告する。これは基本の流れです。

タイミング的に選挙近し。
知らん顔で押し通せますでしょうかね。

野党として最大のチャンスでは?

2019年6月11日 (火)

便利な反面。でも深刻な問題です。

過大表現にまつわる発言や広告宣伝が指摘されています。
そこには比較対象となる「基準値」がどこにあるのか?ということが重要です。

そこで問題となっているのは〝机上の論理” 、実際の状況(現場)を見ずにデータをもとにした集計値や計算値だけで判断してしまっていることです。

情報化、ネットを介せば様々な情報が収集できる。楽(らく)しようと思えばパソコン、スマホがあればOKの世の中です。
便利さは認めます。

が、

反面、悩んだり・考えることをしなくなる。
このままでは、人間の感情や感覚を退化させてしまうのではないかと心配になります。

楽観的ではなく、マジ真剣に考える必要あると私は思いますけど。。

2019年6月 7日 (金)

政治の混乱 その●●(数え切れず)

糾弾決議案が満場一致で可決されましたが、辞職しない意向を示す某衆議院議員。

どのような気持ちで受け止めているのでしょうか。
国会議員として不適格というレッテルを貼られ、国会決議だけではなく国民からの信頼を裏切ったにもかかわらず、税金である議員報酬の支給を受ける。任期全うするとはいえ、もはや国会議員としての仕事はしていません(できません。)。

会社でいえば「解雇」です。

またひとつ、子供たちに説明つかない政治の世界、見せてしまっています。

2019年6月 3日 (月)

値上げ

令和になって1か月経過しました。
お祝いモードも一段落し、普段の生活に戻りつつある感があります。

6月になりました、

値上げラッシュ、皆さんはご承知ですか?

カップめんやペットボトル飲料、値上げされています。
主婦の皆さんは敏感なので感じていると思いますが、亭主族は鈍感で感じてないのかもしれません。
コンビニで会計する際、言われた額を支払っている。値上がりには気づかないと思います。
でも、毎日毎日の積み重ねを考えれば、小遣い制の方にとっては、大きな痛手になるはずです。

商品の値上げには要因があるわけで、それを理解すれば納得しなければなりませんが、便乗してタイミング良しと考え、便乗値上げはいけません。

消費者として、チェックが必要です。

2019年5月31日 (金)

関心持ってください。

5月最終日なのに、いまだ参議院選挙の日程が確定しません。
衆議院とのダブル選挙も模索され、投開票日は7月21日(4日公示)・28日(11日公示)・8月4日(7月18日公示)の3日間、候補に挙がっています。

公示日を含めると、7月4日から8月4日の1か月は選挙以外の予定が組めない状況にあります。

任期満了の参議院選挙ですから必ず選挙は実施されるわけですが、6月に突入しようとする現在、有権者の皆さんの盛り上がりが感じられません。
盛り上がっているのは各党関係者、そして私ども連合関係に絞られるような気がします。

たびたび触れますが、有権者の関心度の目安と言ってもいい投票率がたいへん気になります。

参議院選挙は政権選択選挙ではありませんが、今後の国政運営に一石を投じることになるのは間違いないことです。

一人の一票でも、国を変えることができる。これが選挙です。

有権者の皆さん。参議院選挙まもなくです。関心を持ってください。

2019年5月30日 (木)

何のために?理解できず!

悪質(犯罪的)な動画投稿が続いていますが、何を目的に行動・撮影・投稿をしているのか全く理解できません。
悪行を世間に発信し、自慢しているのでしょうか? 何のために??

このような投稿は、世間が騒げば騒ぐほど投稿者の思うつぼ。
悪いことと理解したうえで事に及んでいるわけで、要は目立ちたい一心なのだと。

処罰されるべきものは処罰するのが当然ですが、ニュースで動画自体を紹介するのは逆効果で抑制にはならないのでは?

その目立ちたいという気持ち、犯罪行為ではなく、社会に貢献できるようなモノにぶつけてみてはどうですか?、

2019年5月29日 (水)

安全神話はどこへ

日本の安全神話はどうなってしまったのか?
連日幼い子どもが犠牲になる事件事故が発生しています。

人の命というものは、一つしかありません。
だからこそ大切にしなければならないはず。

他人によって何の罪もない未来ある子どもの命が奪われる、本人の無念さ(おそらく一瞬の出来事、何があったのかわからないまま)と、親御さんの計り知れない悔しさ、あって当然です。

どうやって、子どもたちを守ればよいのでしょう。

このまま時間と共に風化させてしまってはいけません。

社会全体で「命」というものを見つめなおす必要があると感じます。

«公人としての自覚欠如

フォト
無料ブログはココログ