2018年8月 9日 (木)

一時無くなったけど・・・

久しぶりに雨が降りました。

街中には、傘さし運転の自転車が結構見受けられます。
ちょっっとだからいいか?はダメです。

違反運転になります。


事故を招いてからでは遅いですよ。


マナーアップとちぎ!!

2018年8月 8日 (水)

8月の伝道師

台風接近で、ここ宇都宮も風が強まってきています。
関東地方直撃も想定されます。はやめの準備をしましょう。

73年前、6日広島、明日9日は長崎に原子爆弾が投下されました。「想像をはるかに超えた現状がそこにあった。」語り部の皆さんが話す言葉です。

唯一の被爆国である日本。

戦争だったから。という言葉だけでは解決できない大きな過ちです。

連合は核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現を目指す「2018平和行動in広島/長崎」を開催し、全国の地方連合会から多くの参加者が集います。


この時季に毎年思うことは、海外メディアは真剣に核廃絶を伝えようとしているのか?8月のこの式典が開催されるときだけ、すなわち一年の中のほんの数日(関心高い期間)しかターゲットにならない情報発信にとどまっていないか?時間が過ぎれば過去の事としてまた来年の8月を迎える。この繰り返しではないのか?ということです。


若い世代の皆さんが現地を訪れ耳と目で聞いたこと見たことを、伝道師となって、語りつないでいくことを望みます。

2018年8月 7日 (火)

うちわ片手に夕涼み?

今年の「花火大会」や「夏祭り」は台風の影響を受けた(今後受ける)地域多いはずです。
迷走台風、通常の動きとは異なる進路を取っていて、地域によっては大雨強風が長く続く状況になっています。

豪雨による災害を受けられた方々には申し訳ありませんが、昨日から栃木県にもようやく雨が降っています。カラカラ天気が続き、乾ききった大地にも恵みの雨がもたらされています。

水不足も若干改善されるかもしれません。

日本が誇れる四季「春夏秋冬」

夏の夕暮れの定番「夕立」、縁側でヒグラシの鳴き声聞きながら、うちわ片手に夕涼みする光景、ぜひ取り戻したい風景です。

2018年8月 1日 (水)

適材適所

時事通信社の記事によりますと、2017年度の東日本大震災復興予算のうち34%が未執行だったことが復興庁の公表により明らかになりました。

金額では、総額3兆3082億円のうち1兆1207億円が年度内に使われなかったとのこと。ただし、この未使用だった分のうち7341億円は2018年度に繰り越されています。

内訳は、被災者への支援事業で執行率84.2%、産業振興・雇用関連事業が53.1%、住宅再建・まちづくり関連事業が61.8%というものです。

震災から7年が経過し、みなさんにはこの数字がどのように感じられるでしょうか?

2018年7月27日 (金)

慣れといえるのか?

慣れというのはすごいのかもしれません。

北関東においては、ここ二三日過ごしやすい陽気が続いており、連日の猛暑も一休みといったところでしょうか?

でも過ごしやすいといっても30度近くあるわけで、普通でいえば暑い日とすみわけられるはずです。

連日の猛暑に身体が慣れだしているのかもしれません。

人間の平熱も上がる可能性があるんでしょうか?

2018年7月26日 (木)

今年も熱き攻防始まる。

昨日のニュース報道(今朝の新聞記事)で、2018年度の最低賃金引上げ額全国加重平均26円、874円といった目安数字が出されました。

この数字は厚労省中央最低賃金審議会小委員会で示された金額です。記事によれば公労使でまとまったのが25日未明、日をまたぐ喧々諤々の論議の末に決まったことを物語っています。

地域別ランク(目安)
 Aランク:27円
 Bランク:26円 ⇒ (栃木県含む)
 Cランク:25円
 Dランク:23円

(連合として、この内容は本日午後に全国担当者会議で確認する予定)

ここ数年二桁の金額改訂目安がだされていますが、20年近く前は、目安が数円(+2円や+3円)の時代がありました。

今後は、この中央審議会の目安を受けて地方別最低賃金審議会に場が移ります。

栃木県の最低賃金は現行「800円」です。期待しましょう。

2018年7月25日 (水)

次の話題の矛先は。。

後味の悪いまま国会が閉幕し、政治担当記者のみなさんは、自民党総裁選の話題に移っています。

今朝のニュースでは、これだけ国民から期待されない安倍さんが再選される構図になろうとしています。
自民党総裁イコール総理大臣となるわけで、日本のこれからがますます心配になるということにつながる話です。

裏を返せば、安倍さんが借りている畑に期待を持って植えた苗でしたが、その畑は日差しがなく水はけが悪いため、まったく実の収穫が期待できなかった。そんな畑を譲り受けようとする人はいない。ということですわ。

「安倍さん、もういいでしょ。」

歴代総理の中で、強硬採決の乱発によって国民の声を聞かなかった総理として十分に名前が残りますよ。。

2018年7月24日 (火)

このままでは8月はどうなるの?

暑いですね。
挨拶の定番になりました。

(今朝は気温は低いものの、湿度が高く不快感増)

まだ7月です。夏本番の8月にはどうなるのか心配です。


外部会議で遠出が続くこの時期、電車・新幹線移動と徒歩で会場に向かうことになります。新幹線や会議会場は25度~28度でしょうか、外の気温は体感で40度近く、10度以上の温度差があるわけで、体調もおかしくなるはずです。

家にある植木類も雨が降らず、葉っぱが枯れ始めています。
いつまで続くのこの暑さ。
野菜類の食品値上げで生活に影響が出始めるました。

自然の力には逆らえません。時期の過ぎるのを待つしかありません。

2018年7月18日 (水)

行動で示してください。

自民党の驕りがここにも。

西日本地域に大雨が降りつづき災害発生が予測される中、赤坂議員宿舎内では「赤坂自民亭」と称する宴会が開催されていました。
参加者一同が赤ら顔で写真に納まっています。しかもみな安倍総理を囲んで満面の笑顔です。

この件で昨日、参議院内閣委員会で安倍総理は野党側委員から指摘されています。
回答は、官僚作成の答弁を繰り返すのみ。なぜ一言「申し訳ありません」が言えないのでしょうか?

酷暑の中、多くの方々がボランティア作業を行っています。
政府は何をしてくれているのか? 被災された皆さんは「自分たちで何とかしないと。」との思いで再建にむけて頑張っています。

政府の皆様方、空調の効いた部屋にいないで、是非、行動で示していただきたい。

2018年7月17日 (火)

早く梅雨明け本来の陽気になって。

猛暑日が続いています。といいますか、まだまだ続く予報です。
熱中症には気をつけてください。

早々梅雨明けし暑さは覚悟してましたが、ジメジメした湿気を含む暑さは身体に応えます。

(雨の降らない、まだ梅雨時なのではないですか?)

本来梅雨が明け、カラカラ天気時でも、日陰に入れば涼しさを感じますが、いまのような湿気があっては効果がありません。

蝉(セミ)も早すぎる暑さに戸惑っていることでしょう。

はやく、カラッ!とした本来の夏の暑さに変わってもらいたい。。

«究極じゃない選択のはず

フォト
無料ブログはココログ