最後までのご支援を

統一地方選挙後半戦、市・町議会議員選挙は最終盤に突入です。
前半の県議選とは違い、穏やかな天気に恵まれているようです。そのせいもあって、日焼けした候補者が目立ちます。

油断大敵、最後の最後まで力を緩めることなく突っ走ってください。

<連合栃木推薦候補者一覧>
 宇都宮市議会議員選挙
 ・今井やすお 8期
 ・宇賀神ふみお 1期
 ・うかじさとる 新人
 ・小平みちお 2期
 ・こまばあきお 3期
 ・高橋ひでき 新人
 ・中塚ひでのり 1期
 ・福田ちえ 3期

小山市議会議員選挙
 ・青木みちこ 5期
 ・石島まさみ 7期
 ・塚原としお 6期
 ・山野井たかし 4期

真岡市議会議員選挙
 ・池上まさみ 1期
 ・春山のり子 3期

足利市議会議員選挙
 ・吉田はるのぶ 2期

矢板市議会議員選挙
 ・中村ひさのぶ 4期

芳賀町議会議員選挙
 ・石川たもつ 3期

最後までのご支援をよろしくお願いします。

 

2019年4月17日 (水)

ばんざい!ではなくガンバロー三唱

昨日は町長選挙告示日、連合栃木推薦候補の選挙対象町は現職町長(推薦)以外立候補者が無く3期目は無投票当選となりました。
夕刻5時半から予定していた出陣式は「当選報告会」に変更となり、連合栃木代表として出席してきました。

地元選出の衆参国会議員や県議会議員、近隣の首長が勢ぞろいの元で開催されました。

事務長からの当選報告の後、選対謝辞、来賓祝辞、本人からの御礼と決意報告、花束贈呈と報告会は淡々と進んでいきます。
会場では皆さん「当選ばんざい!」はいつやるんだろうと思いながら待っていますと、「ばんざい」ではなく、「団結カンバロー!」をします。とのこと。
周りから「えっ」と驚きの声も。。

ちゃんとした理由がありました。
3期目無投票を勝ち取ったのは、町民皆様の今後への期待の証、後援会はより団結して取り組んでいきましょう。という主旨ということで皆さん納得し、「団結ガンバロー三唱」で締めくくりとなりました。

選挙は1日で終わりましたが、まだまだ選挙は続いていくような雰囲気。特色ある報告会でした。

2019年4月16日 (火)

どっちもどっち

選挙期間中というのに旧民主党・民進党時代で幹部だった方々の発言が話題になっています。
自民党サイドの一連の「失言」にも似た、あるまじき発言だと感じます。
まさに与党側を利する、火に油を注ぐような発言です。
立憲、国民双方に統一選候補者(参議院選候補予定者)を抱える連合にとっては、悩みの種がまた大きくなったと言わざるを得ません
恐れるのは、国民(有権者)にとって、ますますバラバラ感を想像させるものだという事です。

与党・野党どっちもどっち。
とにかく残念でなりません。

2019年4月15日 (月)

後半戦がスタート。

昨日は統一地方選挙後半戦、市議会議員候補者が元気にスタートしていきました。
前半の県議選とは違い、候補者数が多いため公営掲示板には候補者ポスターがずらりと並んでいます。(選挙だと感じる瞬間です。)
短期決戦、しっかりとやるべきことをやるのが重要です。
連合栃木は、宇都宮市議選、足利市議選、小山市議選、矢板市議選、真岡市議選に推薦候補者を擁立しています。
推薦候補各位の健闘を願っています。

有権者の皆さん、忘れずに投票に行きましょう!!

2019年4月12日 (金)

青空、桜、でも寒いです。

久しぶりに青い空に桜が映える朝となっています。

新入生、新社会人の皆さんは、毎日緊張の連続が続いていることでしょう。
この時期、街中で小学一年生はピカピカのランドセルと黄色い帽子がトレードマークですぐにわかります。
そして中学一年生は真新しい肩掛け鞄に待白なスニーカー姿、これもすぐにわかります。
社会人一年生の女性の方は、髪を束ねみな同じ白シャツに黒スーツ、履きなれていないヒール靴姿、こちらもすぐにわかります。
一方男性はわかりません。昔は慣れないネクタイ姿に髪は七三分けが見分けるポイントでしたが、今のはやり言葉でいえばチャライ姿が主流のようで、入社2,3年の先輩社会人と区別がつきません。(見た目の話であって決して仕事がおろそかという事ではありません。あしからず!)

今朝の陽気は、出会いの季節を楽しく過ごさせてくれそうです。

ただ今日も、寒いので「お花見」される方は防寒対策が必要かと。。。。。、


2019年4月11日 (木)

税金返せ!

ついにと言いますか、やっとと言うべきか、桜田大臣が辞任(更迭)しました。
失言のオンパレード、安倍首相も我慢の限界を迎えたということです。
以前に麻生大臣の失言の際も書きましたが、うっかり口から出てしまうという事は、日ごろからそう思っている。そして軽率すぎ。そういうことです。

「予算は1800円」「れんぽうさん」「いしまきし」「復興以上に大事なのは〇〇さん」

大臣いや国会議員としての資格なし。 大臣報酬(税金)返せ!!と言いたい。

安倍首相の任命責任は重い、私たち国民はもっともっと怒りましょう。

2019年4月10日 (水)

選挙戦術として?

満開の桜も今日の冷たい雨(雪)には驚いていることでしょう。

昨日も「新紙幣」の話題を書きましたが、すでに肖像画もデザインも出来上がっているということは、相当前から紙幣の刷新は決まっていた事のようです。
国民への発表(告知)のタイミングをいつにするか、政府は準備・検討していたのではないか?と感じます。

新元号にかわるタイミングもあったかもしれませんが、統一地方選挙・参議院選挙も見越した話題性を与党サイドに向けさせる意味も多少あったのではないかと疑ってしまいます。(あくまでも個人的な見解です。)

統一地方選挙前半戦が終了しましたが、今回は「風」がふかない中で、与党戦術として「風」を狙ったのでは??(考えすぎでしょうか??)


2019年4月 9日 (火)

2,000円札はどこに。

今朝方からの強風で、桜の花びらが舞い始めています。
もう少し、春先の余韻を残しておいてほしいところですが、県議選の余韻?も各社それぞれのコメントとして新聞に掲載されています。
結果は事実として、反論する立場でもないので真摯に受け止めるしかありません。
後半戦の市議・町長・町議選へ切り替えましょう。

今朝のニュースで、紙幣の肖像画人物の変更を伝えています。
そのニュースを見てふと思ったのが、2,000円札を全然見かけない、まだ出回っているのか?という疑問です。
新たに増札してはいないと思いますから、限られた枚数で今も流通しているはずですが、私が最後に見た2,000円札、思い出せないくらい前のことです。

皆さんの財布に2,000円札入っていますか?
使わずに取っておく方はいるかもしれませんが。。。。

2019年4月 8日 (月)

県議選結果、4年間の働き方に注目しましょう。

統一地方選挙前半戦、県議選の結果が出ました。
私どもの立場で一言で申せば、大変厳しい結果と受け止めなければなりません。
戦った候補者(連合栃木推薦者)それぞれで結果に差はありますが、惜しくも新人1名そして現職2名が議席を失ってしまったという事実があります。

選挙区ごとの詳細分析に時間が必要と思いますが、一週おいて後半戦、市議選・町長線・町議選が待ち構えていることから戦術方法は短期間で検討しなければいけません。

当選者の顔ぶれを見ますと、栃木県内では世代交代が進んでいます。二世議員も複数名誕生しました。


投票率の低下に歯止めがききません。
半数以上の有権者が選挙に行かない。この実態を早急に考えなければいけないと思います。
〝若者の政治離れ〝が特に注目されがちですが、それだけではないはずです。
国も地方も緊張感ある政治が必要なのは確かです。特に地方議会は、生活者重視、常に身近に感じるような場で開かれたモノでなくてはならないはずです。

何が何でも議席確保優先、当選したから4年間安泰(収入確保)、選挙公約はそのうちに。。。
こんな議員はいないことを願いたい。

50名の県議会議員、これからの4年間の「働き方通信簿」をぜひ有権者の皆さんつけてください。

2019年4月 5日 (金)

最後までのご支援お願いいたします。

明後日7日は「栃木県議会議員選挙」の投票日です。
投票日が都合悪い方は、明日6日まで「期日前投票」ができますので活用ください。

連合栃木推薦候補者一覧

<宇都宮市・上三川町選挙区>
 小池あつし 新人
 斉藤たかあき 3期
 山田みやこ 4期

<鹿沼市選挙区>
 松井正一 3期

<日光市選挙区>
 平木ちさこ 1期

<さくら市・塩谷郡選挙区>
 船山ゆきお 1期

<那須塩原市・那須町選挙区>
 小川まさひこ 新人

<栃木市選挙区>
 保母欽一郎 3期

<小山市・野木町選挙区>
 中屋大 1期

最後までのご支援をお願いいたします。


投票に行きましょう!!

«日曜日は花見の前に投票を!

フォト
無料ブログはココログ