« 連日の暑さ、夏バテしていませんか? | トップページ | 演台への思い »

2014年7月15日 (火)

ラジオ番組の収録をしてきました。

地元のFMラジオ局「RADIO BERRY」の番組収録に行ってきました。
番組名は、「SCHOOL OF LOCK]という若者(中高生)向けの番組で、8月中に放送する特別番組の収録です。タイトルは「教えて、大センパイ」  
インタビュー形式で社会人の先輩として、将来社会人となる学生向けに応援メッセージを届けるという内容です。 (インタビュアーは渡辺ゆうすけアナウンサーでしたよ。)

当然、連合栃木会長としてメッセージをという話でしたが、基本は労働組合の役員ですので労働組合の必要性と労働組合で働く者としての苦労話から始まり、やり甲斐や達成感を味わったことなど、経験を交えて話をさせていただきました。

労働組合って何??の話題から入らないといけないかもしれませんが、連合はいま、働く世代になってから「働くことの意義」や、「労働組合の役割」について教えるのは遅いと判断して、学生対象に授業や講義の中で紹介していく取り組みを高校ならびに大学に対し働きかけを行っています。
大変重要な取り組みだと思います。

昔は、将来何になりたいか?の問いに「社長」と答える小学生がいましたが、今は皆無かもしれません。
究極の労働組合として一番のやり甲斐は会社側と対等な立場で経営にも携わることができるということだと思います。
役員になったきっかけは何であれ(私の場合は先輩からの甘い誘惑から16年)、常に職場を基本に労働環境の維持向上、そして企業体力に似合った労働条件の引き上げと。
経験を重ねるほどにステップアップしていける仕事だと私は個人的には思っています。

収録した番組の放送日は確定していませんが、久しぶりに緊張した瞬間を味わうことができました。20分程度のインタビューでしたが、放送は3分程度だそうです。どこの発言が採用されるか楽しみです。

« 連日の暑さ、夏バテしていませんか? | トップページ | 演台への思い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ番組の収録をしてきました。:

« 連日の暑さ、夏バテしていませんか? | トップページ | 演台への思い »

フォト
無料ブログはココログ