« いよいよ開幕!甲子園 | トップページ | 気分一新! »

2014年8月13日 (水)

日航機事故から29年

日航機墜落事故から29年が経過しました。
事故当日、ニュース速報が流れたのは、一家で帰省中の車の中でした。「日航機が行方不明!」その後「群馬県の山に墜落した模様!」と報じていました。

昨日、民放のテレビで当時の再現ビデオと、生存された方の証言が放送されていました。
コックピット内の全員生還させたい一心での緊迫した状況と、必死になって生きることを祈り続けた乗客の皆さんの、想像を絶するやり取りが紹介されました。
そして、自衛隊の皆さんや地元消防団の方々の「多くの人を助けたい」という信念が4人の生存者の救出につながったのだと改めて感じることができました。

そして、今朝の新聞には、慰霊登山された遺族がお孫さんの結婚報告をしてきた。といった記事が掲載されています。
当時、幼いお子さんを残し、犠牲になった企業人(サラリーマン)の方が多かったと聞きます。29年という歳月が遺族の皆さんの環境そのものに変化をもたらせていますが、決して悲しみが消えることはありません。

改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

« いよいよ開幕!甲子園 | トップページ | 気分一新! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日航機事故から29年:

« いよいよ開幕!甲子園 | トップページ | 気分一新! »

フォト
無料ブログはココログ