« 連合栃木に集う議員さんへの期待 | トップページ | ハザードマップ »

2014年8月22日 (金)

ご冥福とお見舞いを申し上げます。

広島市の土砂災害は甚大な被害を及ぼしています。
今後の天候悪化も心配です。
この土砂災害によって、お亡くなられた方々へのご冥福ならびに被災されました皆さまにお見舞い申し上げます。

この災害のニュースを見ていますと、テレビ局、新聞社等々の報道陣が現地に入って取材として、被害にあわれた方へのインタビューする姿がメディアを通じて伝えられています。
是非お願いしたいのは、行方不明者の捜索の邪魔だけはしないで欲しいということです。

発生後、取材用のヘリコプターが現地上空を何台も飛んでいて、土砂の中で救出を求めて声を出している方の声が聞こえない状況があったと聞きました。
また、懸命に復旧作業している被災を受けた方々本人へインタビューする場面がありますが、最小限のインタビューにすべきで、ずっとカメラやマイクを向けるのはいかがと思います。許されるのであれば、ちょっとでもいいから一緒に泥出しをするとか、片づけを手伝うとかできないのかな?とも思います。

東日本大震災のボランティアで現地を訪れたときにこんな話をききました。
「どこの取材だったかは忘れましたが、私たちは不安のど真ん中で、本当は取材など受けたい気持ちはなかったのに無理やりコメントを求められた。取材が終わったら、ねぎらいの言葉も、お礼の言葉もなく帰っていった」とのことでした。
取材というのは、相手の気持ちをまず酌んで丁寧に行うべきです。
「コメントがもらえたからハイ!さようなら!」では、あんたら何しに来たの?
おかしいと誰もが思うはずです。

ちょっと、言いすぎでしょうか?
皆さんはどう思いますか?

« 連合栃木に集う議員さんへの期待 | トップページ | ハザードマップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご冥福とお見舞いを申し上げます。:

« 連合栃木に集う議員さんへの期待 | トップページ | ハザードマップ »

フォト
無料ブログはココログ