« ハザードマップ | トップページ | 蝉とトンボに思うこと。 »

2014年8月27日 (水)

残念なニュース

先日のニュースで、盲導犬が何者かに刺されるという記事を目にしました。詳しく読むと、通常の職場への出勤誘導途中にフォークのようなもので刺され、職場に到着して店長が犬のおしり付近に血が付いているのを見つけ発覚したそうです。、刺し傷は直径5ミリ程度で4ヶ所に亘っていたとのことでした。
(届けを受けた警察も事件性を認めているようです。)

盲導犬は十分に訓練されており、誘導中は人への攻撃性を持たず、そして滅多に吠えないそうです。それを知ってか知らずかはわかりませんが、愉快犯的な犯行の気がします。

盲導犬は単なる家庭で飼っているペット犬ではなく、目の不自由な方にとっては大切なパートナーであり身体の一部でもあるわけですから。まさに傷害事件そのものです。

動物虐待とは違う、強く憤りを感じたニュースでありました。
単なる悪戯では済まされませんね。

« ハザードマップ | トップページ | 蝉とトンボに思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念なニュース:

« ハザードマップ | トップページ | 蝉とトンボに思うこと。 »

フォト
無料ブログはココログ