« 夏の終焉 | トップページ | 蚊にご用心を »

2014年9月 1日 (月)

自民党と民主党の違いとは。

安倍内閣は新たな役員人事でもめているようです。

人間どうしですから好き嫌いがあるのは当然ですし、将来にむけての駆け引きも必要でしょう。
しかし、そこは大人の社会ですから引くところは引くことも肝心です。
外野からの応援や批判発言もあって、注目のニュースになっています。
どう収まるか関心をもって待ちたいと思います。

一方、民主党のもめごとは自民党のもめごとと比較して、マスコミの取り上げ方に違いがあるように感じます。

マスコミサイドの思惑もあるのかもしれませんが、自民党関連では、ある一部の議員(派閥のトップ)が関与してもめているような報道が主ですが、民主党に関しては、あたかも多数の議員どうしが合い交わらない議論をいつもしているようなイメージを抱かせる報道になっている気がしてなりません。

私たち労働組合役員には、政策方針の考え方に多少の違いがあってのことと理解ができますが、一般の皆さんには自分の主張を貫き通そうとしている議員の集団(わがまま集団)と見られているはずです。

先日の連合古賀会長の発言にもありましたが、民主党には党内がバラバラといったイメージを払拭し、来年の統一地方選挙にむけて海江田代表のもとで一致結束した党運営を期待します。

がんばりましょう。

« 夏の終焉 | トップページ | 蚊にご用心を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党と民主党の違いとは。:

« 夏の終焉 | トップページ | 蚊にご用心を »

フォト
無料ブログはココログ