« お彼岸 | トップページ | 子どもたちを守るには »

2014年9月24日 (水)

地方議員の通信簿

来年施行の第18回統一地方選挙の日程もほぼ確定したようです。
目標(日)が決まったことで、逆算して何をいつに!、何をいつまでに!といった予定立ての下でスケジュールがこなされていくことになります。

残り7ヶ月あまりになり、連合としても地方議員の増員を至上命題に取り組みを全国で展開しています。この栃木県においても、候補予定者の擁立作業を現職・新人問わず現在進行中です。
国政選挙とは違い、同じ選挙区に複数人を推薦する場合があります。この場合は、産別間で票配分をしながら推薦候補者の全員の当選をめざすことになります。まさにオール連合栃木で統一選挙は取り組む覚悟です。

前回の統一選挙では「みんなの党」の躍進が目立ちました。当時の党代表のおひざ元ということもあって、県議選では新人候補の当選によって、民主党を抜いて第2会派となりました。

地方選挙には、その当時の“党”の勢いも必要ですが、いかに候補者本人が「地域に思いを持ち、住民のために汗してくれるか?」によって結果がついてくるものだと思います。
現状への批判は誰もが抱いています。その批判に対し解決するためには、何が必要であって、そのためには何をしなければならないのか!を問える人ことが「議員の素質」として重要になるんだろうと思います。
特に、現職の議員にはバッチを付けた任期4年間の通信簿がどうだったのか?を有権者に判断していただくことなります。

「たいへんよくできました。」の、はな丸が貰える議員はどのくらいいるのでしょうか?

« お彼岸 | トップページ | 子どもたちを守るには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方議員の通信簿:

« お彼岸 | トップページ | 子どもたちを守るには »

フォト
無料ブログはココログ