« 腕時計端末に思うこと | トップページ | 平和行動IN根室 »

2014年9月11日 (木)

非正規社員から正社員への登用進む。

日本経済新聞の記事によりますと、「人材不足にある小売りやサービス業を中心に、非正規社員から正社員への転換が進んでいる」とのことです。
この正社員化が進めば、賃金全体の押し上げの要因につながり、雇用が安定すれば将来の生活不安といったリスクが解消され、結果として個人消費の後押しが期待できるとしています。
さらに内閣府の調査では、若い世代の正社員化が進めば、少子化対策にも一定の効果が期待できるとも書かれています。正社員で20代~30代男性の既婚率は非正規社員の同世代に比較して5倍以上に達するそうです。

しかも、2012年の厚労省の推計から

      夫婦ともに非正規社員世帯の子ども出生数    平均で1.36人
      夫だけでも正社員になった世帯の子ども出生数 平均で1.79人
      夫婦ともに正社員になった世帯の子ども出生数 平均で1.90人

このような数字がだされているそうです。

安心安定して働くことができる保障があれば、「結婚」・「出産」に一歩踏み込めることの証明だと思います。

あとは、「育児」への夫側の積極参加の促進が必要ですね。

« 腕時計端末に思うこと | トップページ | 平和行動IN根室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非正規社員から正社員への登用進む。:

« 腕時計端末に思うこと | トップページ | 平和行動IN根室 »

フォト
無料ブログはココログ