« 農業と成果主義 | トップページ | 国会議員の仕事は何ですか? »

2014年10月16日 (木)

秋本番を感じた瞬間

午前中ですが、連合栃木傘下組織の定期大会が日光(旧今市)市内で開催されました。挨拶を終え、その帰りに日光宇都宮道路を利用し、宇都宮に戻ってきました。
日光宇都宮道路を走っていると、反対車線(日光方面へ向かう方向)を、県外ナンバーの大型観光バスが列を連ねて走っていく光景と何度もすれ違いました。
天気も快晴とまではいえませんが紅葉狩りには絶好の天気です。窓を開けて運転していても風がすがすがしく感じられ、どこからともなく「キンモクセイ」の匂いを車内に運んでくれました。
道路脇には、すすきの穂が風にゆれ、遠くには稲刈りの終わった田んぼが一面に広がっており、秋本番に突入したことを改めて感じることができた瞬間でした。



秋は、色づく風景で目を楽しませ、いろんな花の香りで鼻をくすぐられる季節なんですね。。


~~追伸~~
   最近の観光バスは、色鮮やかで洒落た趣をもっていることに時代の流れを感じました。

« 農業と成果主義 | トップページ | 国会議員の仕事は何ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋本番を感じた瞬間:

« 農業と成果主義 | トップページ | 国会議員の仕事は何ですか? »

フォト
無料ブログはココログ