« 急がば・・・ | トップページ | なんでも労働相談 事例のようなニュースが »

2014年10月30日 (木)

宇宙ロケット爆発に思う

米国NASAの施設から打ち上げられた民間の無人ロケットが打ち上げ直後に爆発する事故が発生しました。
国際宇宙ステーション(ISS)に物資を送るための無人補給機を積んでおり、失敗による損失は2億ドル以上ということだそうです。また、国内にある某工業大学の研究センターの流星観測用カメラシステムも搭載されていたようです。
個人的な話ですが、職場勤務のころ業務でロケットに搭載されるある装置に組み込まれる小型部品の試験を担当したことがあります。宇宙仕様の部品ですから温湿度に関する試験仕様書はとにかく条件が厳しく、環境試験に適合させるため特殊な単部品や接着技術等が使われています。作業工程も一般品の工程の数倍掛かりますから価格も高価になっていたのではないかと思われます。ほんの小さな部品ですらの話ですので、搭載装置トータルとなれば掛かる経費は莫大なものになるのは当然な話です。

2億ドル? 想像のつかない金額が一瞬にして失われることになってしまいました。

もうひとつ、この事故で国際宇宙ステーションに補給物資が搬入されないことになります。このステーションにいる乗員への影響が心配されます。(報道では影響はないとのことですが。)

ではすぐに次のロケットを打ち上げ!とはいきません。

そう遠くない時期に、一般の方も宇宙旅行ができる(予約はすでに入っていると聞きます。)とのことですが、ちょっと心配になりますね。

« 急がば・・・ | トップページ | なんでも労働相談 事例のようなニュースが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙ロケット爆発に思う:

« 急がば・・・ | トップページ | なんでも労働相談 事例のようなニュースが »

フォト
無料ブログはココログ