« 有給休暇の本来の主旨は? | トップページ | 「とち介」君に出迎えていただきました。 »

2015年1月21日 (水)

今日は介護休業・休暇制度について

日経産業新聞の記事によると、高齢化の進行によって、家族の介護などを理由に会社を辞める人は年間約10万人、働きながら介護をしている人は約240万人という数字が出されました。
これまで問題視されていた女性中心の介護離職でしたが、女性の社会進出もあって性別にかかわらず、企業の中核的な人材が家族を介護しながら働くケースが増えている。離職が多いのは40~50歳代で管理職も少なくないため企業側の危機意識は高まっている。と伝えています。

介護休業・休暇も年次有給休暇同様に、取得すると昇進にマイナスとか仕事に支障が出るから。といった気持がはたらき、申告しにくいものとされています。しかし、育児・介護休業法では介護休業等を理由とした解雇や不利益な取り扱いを禁止する。として最低限の保護ルールは守られています。法律があるのは知っているけど、制度の中身まで十分に理解している方は少ないと思います(労使とも)。

介護は身近な問題になってきています。
仕事と介護の両立を実現するため、企業側および労働者双方ともに救われる介護休暇制度の活用を望みたいと思います。

« 有給休暇の本来の主旨は? | トップページ | 「とち介」君に出迎えていただきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は介護休業・休暇制度について:

« 有給休暇の本来の主旨は? | トップページ | 「とち介」君に出迎えていただきました。 »

フォト
無料ブログはココログ