« うっかり?でしょうか? | トップページ | お互いに成果ある交渉を。 »

2015年2月25日 (水)

労使協議会

本日11時から、連合栃木と栃木県経営者協会との間で2015労使協議会を開催しました。
今年は、春季闘争の時期でもあり「長時間労働問題」をテーマに選定し、建設的な意見交換を実施しました。

連合栃木傘下の構成組織も業種業態が多様化しており、この長時間労働にも違った課題があるのも事実です。事務、ものづくり、開発設計とは違って、情報通信、物流運輸、サービス業など24時間動いている部門もあるわけで、これが共通した解決の糸口という発見には至りませんでしたが、労使の抱える課題を共有することができました。

マスコミ的には、春闘時期の労使間の対立(闘争)を期待されるところかもしれませんが、昔のような「交渉決裂。明日始業時から○○時間スト!」とかではなく、近年は真摯な交渉を持って労使共に良い方向で妥結する場となっていますから、「春闘:春の闘い」ではなく、「春討:春の討議討論」の意味合いが強くなっているのではないでしょうか?

経営者協会の会長より「賃上げに関して、出せる会社はドンドン出して欲しい。前向きに考えている会社は多いのではないか?しかし、業種間の景況感にバラツキがあるので、一律での賃上げには賛同できない。」とのコメントでした。確かにその通りだと思います。
特に中小企業の経営者の皆さんには、これからの労働人口の減少によって、新卒者の奪い合いが起こることは必至です。良い人材を大手企業だけに流れないためにも、賃金の引き上げは必要です。人を育てるという意味では、大手より中小企業の方が暖かく迎えることができると信じていますので、ぜひとも前向きな交渉をよろしくお願いします。

« うっかり?でしょうか? | トップページ | お互いに成果ある交渉を。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労使協議会:

« うっかり?でしょうか? | トップページ | お互いに成果ある交渉を。 »

フォト
無料ブログはココログ