« ずさんな管理に “喝” | トップページ | 私もノーベル賞候補? »

2015年6月11日 (木)

自転車は道交法で「軽車両」

以前このブログで自転車のマナーについて触れました。
自転車の走行も、1日から施行された「改正道路交通法」によって厳しく法規制が適用となっています。
まもなく半月が経過しますが、まだまだ浸透しているとは思えません。
歩道をビュンビュン飛ばして走行する人、前からなら避けることができますが、後方から来られた時は、危ない!ドキッ!!とすることも。。。
そこらじゅうに取り締まる警察官の方がいるわけではありません。ある雑誌が指摘していましたが、取り締まる上での公平性が保てるのか?という点です。今の基準では、明らかに危険な違反行為は即摘発となりますが、基本的には現場の警察官の判断にゆだねられているそうで、摘発なのか警告ですませられるのか迷う場面も想定されます。

多くの方が、自転車を相手に「ヒヤリ」とした経験があるのではないでしょうか?規制が入ること自体は良いことだと思いますが、取り締まる(摘発件数を上げる)ことが主目的ではなく、あなたは見られています。違法行為はやめましょう。というような啓蒙作用的なスタンスから始めるのが良いのかもしれません。

« ずさんな管理に “喝” | トップページ | 私もノーベル賞候補? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車は道交法で「軽車両」:

« ずさんな管理に “喝” | トップページ | 私もノーベル賞候補? »

フォト
無料ブログはココログ