« なぜ、急ぐのでしょうか? | トップページ | 残念! »

2015年6月18日 (木)

民意はいずこに。

昨日行われた党首討論 「安倍vs岡田」 は、討論(ディベート)といれるものだったでしょうか?

討論を辞書で調べてみると「議論をたたかわせること。」とあり、さらに議論を調べると、このように書いてあります。

『筋道を立てて相手に意見を述べること。』

いかがでしょう? 


私が感じた率直な感想は、感情的な言い争いに時間が費やされ、双方向の話が交わることは一切なかったような気がします。国民が知りたいことが無視され、まるで口喧嘩をしているように感じました。

国民が選んだ議員が国民不在のままに法律を作ろうとしている、法改正しようとしている。

「解釈論」に「閣議決定」「強行採決」などなど。はたして、民意という言葉はどこに隠されてしまったのでしょうか?


« なぜ、急ぐのでしょうか? | トップページ | 残念! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民意はいずこに。:

« なぜ、急ぐのでしょうか? | トップページ | 残念! »

フォト
無料ブログはココログ