« 夕涼みがてら | トップページ | 怒りを超え呆れてます。 »

2015年7月15日 (水)

一強他弱の弊害がまたしても。

またもや与党は、衆議院特別委員会で「安全保障関連法案」の強行採決を行いました。しかも、安倍首相自ら「国民への理解は進んでいない」という発言をしたにも関わらずです。
呆れてしまいます。

これまで野党側の質問に対し、安倍首相は何回「総合的に判断して」と答えたでしょうか?「総合的に判断する?}曖昧な言葉ですね。
判断する基準(裁量)の幅が広すぎると思います。

その時の政府(首相)が最終判断を下すという意味ですから、当事者たる首相と大臣(政府役人)が変われば判断が違っていても“総合的判断です”と言うのであれば、なんでもあり状態ではないですか?

これまでの法案審議の中身・やり方をマスコミは大きく報道しています。国民は法案の中身が具体的にどうなっているのか?消化不良状態のまま審議の成り行きを見守ってきました。今回のあまりにも強引なやり方での幕引きでは、安倍政権を非難する声は当然多くなるはずです。

国民目線の政治はもう望めないのでしょうか?
とにかく残念です。

« 夕涼みがてら | トップページ | 怒りを超え呆れてます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一強他弱の弊害がまたしても。:

« 夕涼みがてら | トップページ | 怒りを超え呆れてます。 »

フォト
無料ブログはココログ