« 財布のヒモの行方は | トップページ | 復活の兆し »

2015年12月 4日 (金)

ちょっとした手間をかけるだけなんです。

電車やバスの中の風景です。
いつもは、スマホに夢中の高校生が皆、教科書を広げ黙読(復習)しています。
テストの時期なんですね。

私は工業系の高校でしたので、実習の科目があり都度レポート報告の作成がありました。このレポートを採点する先生の心理をうまく利用するためにちょっと工夫すると点数が上がる「ワザ」を教えましょう。

これは、私の経験談ですので。あしからず。。。。

文言だけのレポート(・・・でした。・・・です。)は損をします。絵やグラフなどを使ってちょっとした工夫をすると、レポート事態のグレードが上がったように感じてもらえ、点数が上がります。

たとえがおかしいかもしれませんが、果物棚に「りんご」がならんで売られている風景を想像してください。どちらも取れたてのりんごであっても、取れたままの「りんご」と、表面を拭いて(ひと手間かけて)ピカピカに光っている「りんご」、どちらを選びますか?光っている「りんご」の方が高級感を感じるはずです。

農家の皆さんがよく愛情をこめた意味で「手間隙かけた・・・」と言われます。

何事も、苦労と時間をかければ立派なモノができる。何となく今の政治に欠けているモノではないですかね。

« 財布のヒモの行方は | トップページ | 復活の兆し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした手間をかけるだけなんです。:

« 財布のヒモの行方は | トップページ | 復活の兆し »

フォト
無料ブログはココログ