« 参議院選挙まであと半年 | トップページ | 2016年問題とは? »

2016年1月12日 (火)

呆れた国会論議

先日の衆議院予算委員会中継を見ていて安倍首相の答弁には呆れました。
本音と建前に終始する内容で、見ていてイライラが。。。

建前的な回答は官僚の作った答弁を読むだけ、本音の答弁になると「民主党政権では○○だったのを自公政権では○○改善した。」と時間稼ぎのし放題。このやり取りに終始していました。
比較論を言いだすと、先に言った方が勝ちみたいな雰囲気になって平等性を欠く。と私は思っています。自分を正当性したいがゆえに用いる手段ではないでしょうか。

民主党サイドからの参議院選挙対策の施策ではとの問いかけに、否定し続ける安倍首相。

みえみえですよね。自分たちの都合だけを考えていませんか?

« 参議院選挙まであと半年 | トップページ | 2016年問題とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呆れた国会論議:

« 参議院選挙まであと半年 | トップページ | 2016年問題とは? »

フォト
無料ブログはココログ