« え!なんでそうなるの? | トップページ | 2016春季生活闘争 その2 »

2016年3月 1日 (火)

2016春季生活闘争 その1

早くも、3月に入りました。

2016春季生活闘争では、大手先行組合を中心に会社側に対し、3年連続での賃金改善要求の必要性について訴え、会社側の抵抗についての妥協策を模索している段階ではないかと思います。

出身単組の交渉速報が送られてきていますが、やはり過去2年間の交渉とは違い、会社側も外的要因(中国経済の落ち込み、原油安等)の影響を含め将来見通しが厳しい状況であるとの主張が続いています。

今春季生活闘争の特徴点は、サプライチェーン全体での賃金の底上げ・底支えにあります。
中小においても、出せる企業には大手に遠慮せずにどんどん出してほしい。そのためには大手や、親会社の交渉による成果が必要とされます。

労使ともに今の日本に必要なのは「経済の好循環」である。という共通認識はありますので、これからの交渉展開を期待したいものです。

« え!なんでそうなるの? | トップページ | 2016春季生活闘争 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016春季生活闘争 その1:

« え!なんでそうなるの? | トップページ | 2016春季生活闘争 その2 »

フォト
無料ブログはココログ