« 2016春季生活闘争 その6 | トップページ | スーパー・マンデー »

2016年4月15日 (金)

お見舞い申し上げます。

おはようございます。
熊本県を震源とする震度7の地震がありました。さらに、現在も多くの余震も発生しているようです。時間の経過とともに、被害拡大が伝えられています。
この地震によって、お亡くなりになりました方に対し、心から哀悼の意をささげますとともに、被災されました方々にお見舞いを申し上げます。

緊急地震速報のテレビ画面を見ていて、5年前に体験した「東日本大震災」のあの瞬間が蘇ってきました。当時の震度は6強でしたので、あの揺れより大きいことから震源地近くの方々の恐怖心は相当なものだと思います。

いつも思うことですが、気象状況の急変は予測できますが、地震はいつ来るか解りません。緊急避難物資とともに、地震への心構えも必要であると改めて感じました。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」
人間、時が経つと感動も恐怖も薄れてしまいます。
熱い時に手を打つことが大切です。

« 2016春季生活闘争 その6 | トップページ | スーパー・マンデー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見舞い申し上げます。:

« 2016春季生活闘争 その6 | トップページ | スーパー・マンデー »

フォト
無料ブログはココログ