« 田植え やりました。 | トップページ | 選挙モード突入 »

2016年5月31日 (火)

衆参ダブル選挙はどうなるの

衆参ダブル選挙、やるのか?やらないのか?どうなのでしょうか?
憶測の中でいろいろな記事が出回っています。

次期衆議院選候補予定者にとっては、いつか?まだか?はやく? と、ヤキモキしている状況だと思います。
解散権の発動は内閣総理大臣だけにあります。
今、国の政治をストップさせてまで選挙をする意義があるのかどうか。昨今は、政権維持のため、掲げた政策の分岐点になると「国民に真を問う」とした解散劇が見られますが、これは本来の姿なのでしょうか?

東日本大震災や先の熊本県震災、そして原発事故などで多くの国民が苦しみながら生活している状況です。その方々の生活を無視し、政治家の思惑だけでばく大な費用を使って選挙をすることが妥当なのか疑問です。

私たち連合は、7月確定の参議院選挙に向かってまい進していきます。

« 田植え やりました。 | トップページ | 選挙モード突入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆参ダブル選挙はどうなるの:

« 田植え やりました。 | トップページ | 選挙モード突入 »

フォト
無料ブログはココログ