« ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ | トップページ | 連日、寝不足 »

2016年8月 8日 (月)

作法に「喝!」

リオ・オリンピック開幕メダルラッシュ、高校野球開幕、イチロー選手のメジャー3000本安打とスポーツの話題が豊富にお茶の間に届いています。

オリンピックの競泳萩野選手、金メダルおめでとうございます。
たぶん、国民の多くの方が、テレビに向かって叫んでいたことと思います。

男女の柔道選手も、銅メダルおめでとうございます。
金メダルが宿命と言われてはいますが、銅メダルもどうどうと胸をはって喜んでもいいと思います。

この柔道を観ていると、日本選手の礼儀の良さに目がいきます。
まさしく「礼に始まり礼に終わる。」この作法です。

勝っても負けても、試合後はお互いを称える。これをしなかったイタリア選手(金メダル獲得)をテレビ中継解説の方が、「もっと柔道の精神を勉強してほしい」とクレームをつけていたのが印象的でした。(観ていた私も、同じ感想を持ちました。)

この選手の取った行動ですが、勝った瞬間、畳の上で叫びまくり、主審の「礼」の指示も無視、対戦相手との握手もしないでいる姿でした。
お国柄もあるのかもしれませんが、この解説者の方が言われるように、最後の「礼」が終わって、畳を降りてからであれば、いくら喜びを爆発させてもいいでしょう。

この選手は「プレイヤー」であって、決して「柔道家」ではない。そんな印象を持ちました。

« ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ | トップページ | 連日、寝不足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作法に「喝!」:

« ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ | トップページ | 連日、寝不足 »

フォト
無料ブログはココログ