« 夢を追いかけ、希望を持って! | トップページ | 奨学金あるべき姿を要望 »

2016年10月24日 (月)

連携ちぐはぐ。

衆議院補欠選挙の結果が判明し、2選挙区とも民進党候補が大差惨敗しました。
民進党幹部の皆さんは、この惨敗結果と先の参議院選挙を含め徹底的に戦術分析をすべきです。

10月21日付の読売新聞に、「連合、民進に不信感 選挙で連携ちぐはぐ」として、連合との約束事が、ほごされた記事が掲載されました。

10月13日に福島市内で開催した「連合地方連合代表者会議」で、民進党の馬淵選対委員長がこられ、馬淵さんから直接、参議院選挙の総括と衆議院2補選を含む、間近と噂される解散総選挙での“野党共闘”するうえでの対応方針について報告されました。
当然その内容は、全国の地方連合会代表者も聞いています。
あの報告はパフォーマンスだったのでしょうか?

連合本部だけではなく、地方連合会としても不信感を抱いているのは事実です。地方連合会は、民進党県連との連携を持って!という指示もありましたが、組合員には理解できない “何か” が気持ちの中に芽生えているのではと思ってしまいます。

とはいえ、県内では宇都宮市長選挙が迫っています。こちらは、民主党県連と連携して頑張ります。

« 夢を追いかけ、希望を持って! | トップページ | 奨学金あるべき姿を要望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連携ちぐはぐ。:

« 夢を追いかけ、希望を持って! | トップページ | 奨学金あるべき姿を要望 »

フォト
無料ブログはココログ