« 連合としてのスタンス | トップページ | 良いお年を。 »

2016年12月27日 (火)

数字には見えない中身が重要

厚生労働省の発表で、11月の有効求人倍率が1.41倍となり、25年ぶりの高水準になったとの事です。
しかし、業種間のばらつきは大きく、医療や福祉、介護、そして教育分野が増えたことで全体を押し上げているようです。
一方で、失業率は悪化している状況のようで、求人業種と求職者の望んでいる仕事のミスマッチ状態が顕著になっているといえるのかもしれません。

製造業主体で経済成長・発展を遂げてきた日本、時代が進み成熟期プラス少子高齢化社会のど真ん中で暮らす私たち。将来を見据えた意識改革が必要ですが、その前に当然、政治による政策面のコントロールが重要です。

« 連合としてのスタンス | トップページ | 良いお年を。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数字には見えない中身が重要:

« 連合としてのスタンス | トップページ | 良いお年を。 »

フォト
無料ブログはココログ