« 北方領土の日 | トップページ | どのような展開に? »

2017年2月 9日 (木)

改革とはなんぞや?

予報通り、宇都宮は朝から雪が舞っています。寒い朝です。

いよいよ来週、多くの労働組合(産別)が経営側に対し、春闘要求書を提出します。
特に今春闘では、賃金改善と並行して「長時間労働の是正」が焦点となります。
政府主導の「働き方改革実現会議」の中で、政府案として浮上しているのが残業時間の上限「年720時間、月平均60時間、ただし繁忙期には月100時間を認める。」というものです。繁忙期はとはいえ、月100時間というのは「過労死」ラインに匹敵する時間であり、到底ありえない上限値といえます。

仕事によって尊い命が奪われるというような悲劇を起こさないためにも長時間労働の撲滅は、労働組合がいま最も実現しなければならない最重要項目です。

頑張りましょう。

« 北方領土の日 | トップページ | どのような展開に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改革とはなんぞや?:

« 北方領土の日 | トップページ | どのような展開に? »

フォト
無料ブログはココログ