« 中学生の視点に感じたこと | トップページ | 鼻がムズムズしてきました。 »

2017年2月14日 (火)

歴史の重みと誇り

このところ、連合栃木傘下の構成組織、単組から結成周年の機関誌原稿依頼をよく受けます。
直近では、「結成50周年」、「結成70周年」という組織から依頼されました。
連合自体まだ結成して20数年たらず、50年や70年という歴史の偉大さが伝わってきます。それぞれの組織には、多くの苦難を乗り越えながら労働運動を支えてこられた先輩方のご尽力があって今の組織がある。という気持ちを現役の役員の皆さんは大切にしていただきたい。
そして、その歴史の中に自分が今、名を連ねて活動していることに誇りを持って職場組合員に接していきましょう。

« 中学生の視点に感じたこと | トップページ | 鼻がムズムズしてきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の重みと誇り:

« 中学生の視点に感じたこと | トップページ | 鼻がムズムズしてきました。 »

フォト
無料ブログはココログ