« 栃木県労使会議 | トップページ | 豊洲問題と予算審議はバトルだらけ »

2017年3月13日 (月)

改めて6年という歳月に合掌

3月11日。
東日本大震災から6年が経過しました。
昨年末、福島第一原子力発電所の状況を見学させていただく機会がありました。今もなお、事故収束に向け懸命に尽力されている多くの方々に敬意を表します。


NHK放送の震災特集を見ていて、こんな意見が投稿されていました。

原発事故以降、なんで日本の〝福島”を〝FUKUSHIMA”と表記するのか?

世界に発信するため。とのことですが、何をどう発信しているのですか?すでに6年という歳月が過ぎ去りました。3月11日という一日だけが注目されていませんか?残りの364日も、福島の人たちは頑張っています。
多くの被災された皆さんは、6年で2190日頑張ってきているのです。

常に忘れないでほしい。他人事ではないことを!

以上。昨年の熊本地震を含め、これまで全国で災害によってお亡くなりになった皆さまの御霊に謹んで哀悼の意を表します。

合掌

« 栃木県労使会議 | トップページ | 豊洲問題と予算審議はバトルだらけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めて6年という歳月に合掌:

« 栃木県労使会議 | トップページ | 豊洲問題と予算審議はバトルだらけ »

フォト
無料ブログはココログ