« ほのぼのと感じたこと | トップページ | 4月の選挙 結果「その3」 »

2017年4月21日 (金)

政治不信そのもの

政府与党からも、議員辞職すべきとして取り上げられています某自民党議員(政務官辞任)、どう決断されるのでしょうか?

先日もこのブログで、閣僚の失言についてコメントしましたが、そんな中にあっても、依然として安倍内閣そして自民党の支持率が高い状況にあります。

この原因は、野党側の支持率(信頼感)が影響している。これに尽きます。

疑惑追及する野党の行為は当然ですが、「こんな政権じゃこの先不安だらけだから、私どもに政権を任せてください。」こんな雰囲気が野党側(特に民進党)には感じられません。


まさに、一般国民の感覚でもの言えば、「政治不信」そのものです。

〝政治に期待が持てない。誰が、どの党がやっても同じ。”

ますます、若い方々への影響が心配です。

« ほのぼのと感じたこと | トップページ | 4月の選挙 結果「その3」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治不信そのもの:

« ほのぼのと感じたこと | トップページ | 4月の選挙 結果「その3」 »

フォト
無料ブログはココログ