« 街頭宣伝行動 | トップページ | とちぎの声援はすごかった »

2017年5月26日 (金)

きな臭さ再び

加計学園計画を巡る文部科学省の文書について話題になっています。いや、ただの話題ではなく、極めて重要な話題といってよいかもしれません。

文科省前事務次官の会見は、「総理のご意向」という文章が存在していたと断言した内容でした。しかも、「黒を白にしろと言われる」とも話しています。
さらには、証人喚問にも応ずるとまで宣言しています。

それに対し、官邸サイド、文科省側は真っ向から完全否定する構図となっています。

真実はどうなのか?

野党には徹底した真実を導き出していただきたい。そして、メディア側には、興味を引くために、面白おかしく歪曲した報道はせずに、真実追求への流れをありのままに伝えていただきたい。

« 街頭宣伝行動 | トップページ | とちぎの声援はすごかった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きな臭さ再び:

« 街頭宣伝行動 | トップページ | とちぎの声援はすごかった »

フォト
無料ブログはココログ