« 責任論を語る前にやるべきこと | トップページ | 期待するものは何、誰?? »

2017年7月13日 (木)

水から飲料水へ

夏の甲子園に向け、高校野球の地区予選が行われています。
全国的に有名な選手の活躍や動向が連日報道されています。
野球はチーム戦です。個人競技ではないので、個人で優れた選手がいても試合に勝てるというものではありません。

ある雑誌の対談記事で、元高校球児の方が、昔の練習中は”水は飲むな!”と教え込まれていた。と話されていました。私もそのように教えられてきた世代ですが、それが今は給水は必需とされています。

たしか、水を飲むとバテル(疲れる)から。といった理由だったと記憶しています。
練習が終わると、真っ先に手洗い場にダッシュ! 我先にと蛇口に口をつけて一気飲みした思い出がよみがえってきます。(あまりにも飲みすぎて帰宅途中に体調を壊した同級生がいました。どんだけ飲んだの??)

今は、塩分を含んだスポーツ飲料水があり、重宝しています。(風邪をひいたときも飲みたくなりますよね。)
不思議なことに、普通に飲む時とのどが渇いた時に飲むのでは味が変化します。身体の塩分バランスの関係と思いますが、改めて時代の変化と商品開発の素晴らしさを思い知らされます。

« 責任論を語る前にやるべきこと | トップページ | 期待するものは何、誰?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水から飲料水へ:

« 責任論を語る前にやるべきこと | トップページ | 期待するものは何、誰?? »

フォト
無料ブログはココログ