« ロマンチックな恋話なんです。 | トップページ | 責任論を語る前にやるべきこと »

2017年7月10日 (月)

限界近しの状況です

反安倍政権への流れが強まってきているようです。
ここにきて支持率もダウンし、市民団体の抗議運動も活発になっています。

これまでの〝むりやり” とも感じる政権運営に対し国民は、もう限界だと思う声が出始めたということです。
身内からも、もうかばいきれないというような状況だとは思いますが、8月に「内閣改造」という話があって、もしかしたら自分が。。。今は静かにしておこう!という雰囲気なのかもしれません。

前にも、ブログに書きましたが、今と昔の自民党との違いです。
派閥親分の威厳がまったく違います。昔の派閥には争いはありましたが、まとめる時は数が多い少ないにかかわらず、しっかりとまとまる組織でした。
今は安倍首相に対し、間違った対応をしても派閥の親方衆は意見できない。そんな感じを持つ派閥になってしまいました。

本日は、安倍総理不在の中で、加計学園問題に関する「閉会中審査」が行われます。
どのような展開がされるのか、実施するからにはただ時間を使うだけではなく、国民誰もが納得いくような審査であってほしいことを強く望みます。

« ロマンチックな恋話なんです。 | トップページ | 責任論を語る前にやるべきこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限界近しの状況です:

« ロマンチックな恋話なんです。 | トップページ | 責任論を語る前にやるべきこと »

フォト
無料ブログはココログ