« 第48回衆議院議員選挙 電話戦術 | トップページ | 第48回衆議院議員選挙 最終章 »

2017年10月23日 (月)

第48回衆議院議員選挙 回想と意義

この時間風雨が強くなってきています。台風被害が心配です。

さて、選挙結果が出されました。

9月初め、民進党代表選挙で前原新代表が選出され、安倍首相が大義なき解散(疑惑隠し解散)をし、希望の党が話題となり、民進党候補が希望・立憲・無所属に分裂し、選挙期間12日間中7日間が雨と寒さに見舞われ、投開票日には台風直撃、結果をみれば自民党の圧勝となりました。
今回当選したある自民党候補は「野党側の敵失の影響があったおかげ」とのコメントを発しています。

栃木県においては、これまでの顔ぶれに変化はなく、小選挙区すべてで前職が勝利する形となりました。ということは、有権者は変革ではなく安定を選択した。ということなのでしょう。

前記したように、いろいろな出来事があったこの50日間、国民の皆さんはどのように感じたのでしょうか?

私ども連合(労働組合)も、時間をかけながら反省とこれからどう政治に向き合うべきなのか?真剣に考えていく必要があります。
組織的として選挙活動することは基本かもしれませんが、地方にとっては今回ほど組合員の皆さんに説明がつかない選挙、理解してもらえなかった選挙と言わざるを得ません。

支援した県内3つの選挙区の結果は1勝2敗でした。(他2選挙区は候補者立てられず不戦敗)
今回選挙にご支援いただいた構成祖組織および当該の地域協議会の役員の皆さまに心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

(感謝)

« 第48回衆議院議員選挙 電話戦術 | トップページ | 第48回衆議院議員選挙 最終章 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第48回衆議院議員選挙 回想と意義:

« 第48回衆議院議員選挙 電話戦術 | トップページ | 第48回衆議院議員選挙 最終章 »

フォト
無料ブログはココログ