« テルテル坊主様 | トップページ | 今週末はだいじょうぶです。 »

2017年11月 1日 (水)

地方組織の新たな悩み

本日から特別国会が開会です。
民進党も大塚新代表が決定しました。
大塚新代表は、昨日の会見で「希望の党」「立憲民主党」との合併再編については、すぐにとはいかない考えを示しました。

今回の衆議院選では、民進党に離党届を提出させられ「希望の党」からの出馬をし、落選した方々への対応をどうするのか?地方組織としては気になります。
多くの方は「希望の党」に残ることを選択しないのではないかと思います。「立憲民主党」という選択肢もあるでしょうが、原点の民進党に戻って、次の選挙をめざす。この選択を希望する方もいるんだろうと思います。

連合が支援する衆参議員(候補予定者含む)は、政党でいえば3つ、無所属の議員を含めれば4つに分散してしまっています。

選挙が終わったばかりで、連合本部からの方針はまだ出されませんが、どのような判断がされるのか?

地方連合会は、多くの組織内の地方議員を抱えていますので悩みは尽きません。

« テルテル坊主様 | トップページ | 今週末はだいじょうぶです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方組織の新たな悩み:

« テルテル坊主様 | トップページ | 今週末はだいじょうぶです。 »

フォト
無料ブログはココログ