« ギャップ | トップページ | ひとり言ですから、聞き流してください。 »

2018年2月28日 (水)

2018春闘要請行動

一昨日栃木労働局、本日栃木県商工三団体および栃木県経営者協会に対して2018春闘の要請書を手交してきました。

内容的には、今春闘で連合が掲げる、「生産性三原則の意義再認識」、「賃金は上がるものという世論喚起」、「サプライチェーン全体で生み出した付加価値の適正配分」、「無期転換ルールの周知徹底」などの項目について要望しています。

中小を多く抱える商工団体からは、大手企業からの求人多く、中小では人手不足の状況が大きな課題であること、また働き方改革の議論が進んでいる中で、大手企業の働き方改革(長時間労働是正)が中小下請け企業に対しツケが廻ってこないか心配である。という懸念もあるようです。
労働組合として労働市場全体の問題として考えていく必要があります。

« ギャップ | トップページ | ひとり言ですから、聞き流してください。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018春闘要請行動:

« ギャップ | トップページ | ひとり言ですから、聞き流してください。 »

フォト
無料ブログはココログ