« 感動ありがとう! | トップページ | 2018春闘要請行動 »

2018年2月27日 (火)

ギャップ

帰国した平昌五輪メダリスト、働き方改革をめぐる国会論戦、昨晩のテレビニュースは大半をこの対照的な2報道で費やしていました。

立場上、本日のブログとしては働き方改革についてとなるべきかと思います。

裁量労働制の適用範囲拡大に対し野党側の〝抵抗”が続いているように見えます。しかし、あれは〝抵抗”ではありません。正論を主張しているにすぎません。当たり前に政府側の主張する不明な点(誤った数字を発表したこと)を、国民にわかるように説明して欲しいと要求しているわけです。
政府側は、この件についてもごり押しをするつもりのようです。

自分の言葉で五輪を振り返ったメダリストの皆さんの素晴らしい会見とは裏腹に、しどろもどろとした何が言いたいのか?そんな発言を繰り返す大臣、ものすごいギャップを感じました。

« 感動ありがとう! | トップページ | 2018春闘要請行動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギャップ:

« 感動ありがとう! | トップページ | 2018春闘要請行動 »

フォト
無料ブログはココログ