« 民主とは? おさらいです。 | トップページ | 政策・制度 要求 »

2018年5月 9日 (水)

いろんなまとまり型あるはずです。

民進党に離党届を提出した国会議員○○名。
国民民主党が結成、参加国会議員は○○名。
立憲民主党に新たに入党した国会議員○○名。

連日、野党国会議員の皆さんの、離れた!入った!という話題が絶えませんが、数の論理では到底、自民党を脅かす数字ではありません。

連合の立場で申せば、どの党に所属しようが、何名集まろうが、すべての働く者が安心して差別なく働き暮らせる社会、平和と人権が守られる国づくりを真剣に考えてくれる議員を求めているわけで、それが今の自公政権には心配で任せられない。

この一言に尽きます。

だから野党は一枚岩になってほしいのです。

生活者・労働者の実現をめざす政策が10あるとします。その10ある政策がすべて一致しないとダメ!ではなく、10のうち7の政策が一致していれば一緒にやっていく。
こんなまとまり型はできないのでしょうか?

« 民主とは? おさらいです。 | トップページ | 政策・制度 要求 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろんなまとまり型あるはずです。:

« 民主とは? おさらいです。 | トップページ | 政策・制度 要求 »

フォト
無料ブログはココログ