« いろんなまとまり型あるはずです。 | トップページ | 上から目線ではダメでしょう。 »

2018年5月10日 (木)

政策・制度 要求

例年より早く桜前線が北上したかと思ったら、ここにきて寒波襲来と暑さ寒さで体調を崩しておられる方多いそうです。お気を付けください。

昨日、連合栃木政策委員会主催の「政策・制度要求討論集会」が開催され、構成組織、地域協議会、議員懇談会に所属する各級議員の皆さんにもご協力をいただきました。

冒頭の挨拶の中で、いま栃木県が進めている「本物の出会いとちぎ!デスティネーション・キャンペーン」にrついて触れました。
魅力度向上に向けて、まさに県が一丸となっての取り組みとなっています。観光地に温泉、名産グルメを多く抱えていることを知っていただく、また栃木に行きたいと思っていただくような「おもてなし」を展開中です。

栃木県は、縦横に高速道路が通り、新幹線も3つの駅が存在する。という交通の利便性があって、それが逆に通過される県、宿泊しないで回れる日帰り県とされているのではないかということがいえます。


この「観光立国とちぎ」への集客誘致も私どもの政策に含めています。

昨日の討論集会でだされた意見要望をもとに、本格的な要求立案作業に入っていきます。

ご期待ください。

« いろんなまとまり型あるはずです。 | トップページ | 上から目線ではダメでしょう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策・制度 要求:

« いろんなまとまり型あるはずです。 | トップページ | 上から目線ではダメでしょう。 »

フォト
無料ブログはココログ