« 南半球? | トップページ | 36協定 »

2018年12月 5日 (水)

誰が一番悪いのか?

外国人技能実習生の失踪の理由に、あまりにもの低賃金によるものであり、その額は法律で定められている「最低賃金」を下回っていたことが報告されています。また月の残業時間が過労死ラインとされる80時間を超えて働いている実習生もいたとのことです。

この問題(事件)で最も責任が重いのは誰なんでしょうか?

国?、企業?、実習生個人?

法で決まっている最低賃金は、日本国内の事業者で働くすべての方が対象です。外国人だから、実習生だからという例外はありません。

ディーセントワークの精神にも反しています。

根本的な課題解明に至らずに、前に進むことはいかがなものでしょうか?

今の安倍政権は、結論ありき優先で、まずは法案成立させる。成立したら具体的な中身を検討していきましょう。

こんな政治で良いわけありません。

もっと国民目線で仕事しろ!!と言いたい。

« 南半球? | トップページ | 36協定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が一番悪いのか?:

« 南半球? | トップページ | 36協定 »

フォト
無料ブログはココログ