« この話、どう思いますか? | トップページ | 人間観察 »

2019年1月 9日 (水)

ボーっと生きてんじゃねーよ! と叱られますよ。 

今年4月より施行される働き方改革ですが、その中の特に「時間外労働の上限規制」、「年次有給休暇の取得義務化」において、経営側の懸念は大きいようです。

ある人材会社が調査した結果、この働き方改革自体を経営者の47%が「経営の支障」になると予測しているとのことです。

理由として、
○残業の上限を規制しても、結局はサービス残業が増加する。
○人手不足の中で、有給休暇で休む人がいると一人あたりの労働時間が長くなり、賃金が上がる。
○残業の上限や有休を義務化したら生産性が下がる。
等となっています。

これらの考え・思いは、今の自分自身の経営手腕を自らが否定しているのではないでしょうか?
厳しく申せば、経営者としての資質を問われます。

働き方改革です。 

事の発端は、今のままの延長線上ではなく、改革することにあるわけです。その改革を、めんどくさいと最初からあきらめているとしか思えません。

どうしたら残業を減らすことができるのか?
人手不足とあきらめるのではなく、それを補うためには何が必要か?
人材は財産(資源)であってコストではないはず?

あえて、?マークをつけていますが、考えることが重要です。
よくPDCAを回せ。といわれますが、このことも重要だと考えます。

どれだけ経営者が 改革 ヤル気あるのか?です。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 
まさしくこの言葉そのもの、叱られそうです。

« この話、どう思いますか? | トップページ | 人間観察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーっと生きてんじゃねーよ! と叱られますよ。 :

« この話、どう思いますか? | トップページ | 人間観察 »

フォト
無料ブログはココログ