« 外交問題心配です。 | トップページ | 地域フォーラムの開催案内 »

2019年1月17日 (木)

体型と体格差

ライスボウルって知っていますか?
「おにぎり」と思われる方も多いかと思いますが、実は、国内アメリカンフットボールの社会人リーグ優勝チームと学生(大学生)チャンピオンチームが日本一をかけた試合を指します。

アメフトと言えば昨年、日本大学の選手のタックル問題がありましたが、ルールを知ると興味深いものがあります。簡単にいいますと、攻撃専門、防御専門、キッカー専門と選手の持ち場が分かれ、ボールパスで相手陣地の距離を詰めていき(距離を稼ぐ)、相手陣地に達すれば、タッチダウンとして得点が入ります。
当然、選手の体格も持ち場によって違います。防御専門の選手はガッチリとしたレスラータイプ。普通の人がタックルを受けたら全身打撲、骨折もするでしょう。

今年のライスボウルの結果は、社会人チームが勝ちました。ここ数年連続して社会人チームが勝ち続けています。
社会人チームが強い理由ですが、まずは外国人選手(試合では出場制限あり)がいること。次に大学時代優秀な選手を獲得していること。この二つです。

学生側はいくら大学生チャンピオンチームとはいえ、社会人選手との体格差・体力差は歴然です。試合中の故障者も出ています。

協会として検討に入る予定とのことですが、やはりハンデ差を持たす必要があるかもしれません。

国内には、団体によるスポーツ競技数多くありますが、外国人が出ていると力差が違いすぎ、正直いって興味が薄れてしまうモノがあります。公平性が必要です。

来年は東京オリンピック・パラリンピックが開催され、当然外国籍の方は日本代表になれないわけで、オールジャパン!日本人選手の活躍に期待したいものです。、

欧米やアフリカ人との体格差どうしようもないですもんね。

« 外交問題心配です。 | トップページ | 地域フォーラムの開催案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体型と体格差:

« 外交問題心配です。 | トップページ | 地域フォーラムの開催案内 »

フォト
無料ブログはココログ