« 「連合栃木議員懇談会」総会が開催されました。 | トップページ | 公人としての自覚欠如 »

2019年5月23日 (木)

まだまだ解決に時間が必要なところも。

夏の参議院選挙、ネットニュースを見ると、「野党統一候補決定」「野党間で合意」などのリード記事がめだちます。
ここ栃木県でも野党候補一本化が決まったようです。
党間での話がまとまったことは、連合として歓迎しますが、一番重要なのは党として「支援体制」をどうするのか?です。
残り2か月しかありません。
これまでの遅れを挽回できるのか?心配です。


地方連合会によっては、新たな火種で頭を痛めているところもあるようです。党主導の候補予定者差し替えや、候補予定者の推薦取り消し、というニュースも飛び込んできています。 (党と党、党と連合とで揉めているようです。)

この状況、国民の皆さんはどのように感じているのでしょうか?
投票率の低下も心配です。


 

私たち連合栃木は、投票に行こう! これの徹底をずっと旗印に掲げています。
選挙(投票)にまずは行ってもらうことが重要です。
有権者の権利でもあります。

« 「連合栃木議員懇談会」総会が開催されました。 | トップページ | 公人としての自覚欠如 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
無料ブログはココログ